ダイエット 

  

健康の維持

女性の腕の脂肪

コレステロール値や中性脂肪値を下げるには、何と言っても食生活の改善が重要です。流石に、これは多くの人が知っているでしょう。しかし、どう言う風に改善していけばいいか分からない人は多いです。 コレステロール値を下げるためには朝食は抜かないこと、つまり1日3回食事をすることが基本になります。しかし、単純に食事を1日3回すればいいと言うわけではありません。食間は5時間から6時間あけるようにしましょう。そして、毎日食事をする時間がバラバラにならないように気をつけることです。これを守ると、体脂肪が効率よく燃焼されるようになります。 また、朝食を摂るとインシュリンの分泌が抑えられるので、中性脂肪値を下げる効果もあるのです。

コレステロール値が高い人は、食品に含まれるコレステロールの量が気になるでしょう。牛や豚のロース肉やバターなどは高カロリーなので、なるべく避けることです。しかし、油断ちをすると毎日同じような献立になりがちで、食事はつまらなくなります。とは言え、油ものを食べればコレステロール値を下げることが難しくなってしまいます。 悩むでしょうが、我慢せずに油ものを食べるようにしましょう。我慢してストレスを溜めてしまう方が体にはよくありません。ただ、揚げ物を食べる場合は揚げ方に工夫することです。てんぷらやフライより、素揚げの方が吸油率は少なくなります。素揚げがいいと言っても、たくさん食べては意味がありません。食べる量は少なくしましょう。